ねずみくんのチョッキ

イメージ 1
第190回幼児,低学年例会『ねずみくんのチョッキ』が6月15日(水)慈光幼稚園のホールで行われました。スタートは、併演の『スカーフのファンタジー』。スカーフ1枚がかわいい人形に大変身!スムーズな動きにまるで命を吹き込まれたかのように踊り出す人形たち。一気にプークさんの世界に引き込まれましたね。
次は、お待ちかね、ねずみくんの出番です。お母さんが編んでくれた赤いチョッキ。「着せてよ」とアヒル君。もう一人のねずみくんの本当の気持ちが「いやだよ」とつぶやきます。それでも、貸してあげる心優しいねずみくん。次から次へとチョッキは、ねずみくんの優しい気持ちを乗せてお友達に渡っていきます。「イヤだって言ってもいいんだよ」と伸びたチョッキを見てそう思ってしまいました。
人形たちの動きに子どもたちは、自由に、そして、思いのままに気持ちを表現していましたね。キラリと光る子どもたちのまなざしが印象的な例会でした。プークさん、素敵な時間をありがとうございました。