カウンセラーから見える親子関係


f:id:aidukodomogekijyou:20220204154704j:image


f:id:aidukodomogekijyou:20220204150922j:image

2022年1月27日(木)一箕公民館にて

10時から12時まで

講師は、加藤美穂子さん

 

「カウンセラーから見える親子関係」

というテーマでお話しいただきました。

お話の中から。

キーワード

★相談は、1つのアクション。

相談することは、アクションを起こそうと、

もう既に解決に向けて何かはじめようとする行動だと。

★大人ってなんだろう。

いつから大人になるんだろう?

どういう人を大人と言うんだろう?

親が大人になりきれてない家庭、

社会とのつながりが薄い家庭が抱える

生きづらさ。

★親の自己実現のダシ・親のペット

自分の価値観や経験を子どもに投影し、息苦しさを感じる子どもたち。

★幼児的万能感

自分はどんなことでもできる、何でもなれる、と言うような比較的子どもの頃にあった万能感は、思春期を脱出する時には現実と折り合いをつけ妥当な万能感を身につけます。

しかし、幼児的万能感を持ったまま大人になってしまう場合に様々なトラブルを抱えてしまう。

 

カウンセラーから見えてくる親子関係。

共感したり、反省したり…いろいろ考えさせられた講座でした。

 

「あなたは大事だよ」

と言ってただただ存在を認めて育てることが

大切と参加された助産師さんの言葉にも

ジーンときました。

 

加藤さん、講座を快く受けてくださってありがとうございました。

 

.